Tag:霊媒体質

大量の霊により賑やかな宴が始まる:後編

〜前回からの続き〜ということで、簡単に前編の流れをおさらいします。私が中学2年生の頃、実家が増築→裏庭に地の神様を祀っていたが、それを無視してしまった(地鎮祭等も行わず)→その元裏庭に位置する部分の2階が私の部屋→いつしかラップ現象が起こるようになる→部屋に霊達が集まるようになる→最終的には”渋谷駅のスクランブル交差点”のような賑やかさになる→しかし霊達から私に対しては何のアプローチも無い→しかしある日を境に溜まっている霊の1つが私にアプローチ(話しかけて)してくるようになった... ここからですよ、怖い思いをするようになったのは。 1つの霊のみが私に語りかけてくるようになったわけですが、始めのうちのことは正直覚えていません。多分、そんなにインパクトのある言葉ではなかったのでしょう。ですので、私も(金縛りに遭って)苦しい思いをしている割には淡白な感想しか持っていなかったと記憶しています。 そしたらその霊、「イラっ」としたのでしょう。とうとうこんな行動に出てきました。 「オイお前、俺の存在が夢か何かだと思ってんだろ?」 と耳元で囁かれ、その直後に私の耳たぶを「ペロッ」と舐めてきたのです!! ヒィ〜〜〜〜〜〜っ、ヒィ〜〜〜〜〜〜っ←私が恐怖に怯えた様子 そして… 「な?嘘じゃなく俺は本当に居るだろ?!」 と、捨て台詞を残し終了。かなり濁声です。低い声です。※ちなみにこの一方的なやり取りの間も他の霊達は明るく賑やかにやってます(笑) しかし何より私を驚かせたのは…これ、書いちゃってイイのかなぁ…あくまで私の体験ですよ。 霊って冷たいイメージを勝手に持っていましたが、なんと【温かい】んです(怖)!ペロッってされた時に温かさを感じたのです(怖・怖・怖)!! そして、その夜から何日後だったかは記憶にありませんが、とうとう私に最後の脅しをかけてきました! 「オイ、覚えとけ!お前だけはコ○スからな!絶対に○ロ○からな!!」 “コ○ス”…しかも“絶対に”(断言せんでくれよ〜・涙)!!! もう、さすがの私も母親にSOS!「俺の部屋なんとかしてくれ〜〜〜〜!!!」※今回は「感嘆符」を多用してます ちなみに霊が溜まり始めてからというもの、通常の生活自体にもロクなことがなく困っていましたので(さすがに内容は書けません)それらを含めて母に説明しました。 そして母が知り合いの霊媒師さんと連絡を取り、その後は解決に向かっていくわけですが、その霊媒師さんとのやり取りもまた凄かった。 母だけがその霊媒師さんと会うことになり、念のため家族全員の写真を持っていきました(実家:静岡県⇄霊媒師さん:東京なので)。家族で集合している写真が無かったので、父と兄と私のひとりで写っている写真を1枚ずつ。 母は霊媒師さんと会うなり写真を“パッ”と出したのですが、その瞬間「この子の写真だけでイイよ…他は関係ない」と。その写真は、私がひとりで写っている写真(涙)。 『あなたの家族で、この子だけがそういう目に遭うのよ…霊媒体質だし』 母曰く、まだ何も説明していない(笑)。 『あなたの家、最近増築したでしょ?』 と、いきなりノートに長谷川家の現在の間取りを描き、私の部屋を当て、さらにこう言ったようです。 『この角に地の神様を祀ってたのに、あなた達何もしないでここを潰したんだね』 母曰く、まだ何も説明していない(笑)。 ※ちなみにこの”地の神様”とは、遠州地方に古くから伝わる”地の神信仰”のようです 「この子かわいそうに…このままここに居ると死んじゃうよ。私が今から書くものをこの子に毎日読ませなさい。朝は東を向いて、夕方は西を向いて。それと、これからこの子は常に数珠をするように言っておいて。数珠で防げるものもあるから」 と、経文ようなものをフリガナ付きでいただきました。 母が帰宅したその直後から毎日2回、必死にその経文を読ませていただきました。そして私にやっと、平和が戻ってきましたとさ。※あくまで“この件についての平和”のみですが(恐っ) 長くなるので(これでも長いけど)かなり端折ってます。伝わるかなぁ...ていうかこの話、信じます? 信じるもなにも、ホントにあったことなんですけど。

霊的体験シリーズ:大量の霊により賑やかな宴が始まる 前編

さて、今回も霊的体験発表をば。前回・前々回の記事を読んでいない方は、読んでからこちらを読んでいただけたらと思います。 【大量の霊により賑やかな宴が始まる 前編】 このタイトル、まるで楽しいことのようにも見えますが違います(笑)。 先ずは実家の増築の話から始めないとこの話は分かりません。 私が中学2年生の時、実家が増築をしました。我が家には裏庭があり、その角には“地の神様”を祀っていましたが、そこも含め全てを増築に充てたのです。 そこからですね。ジワジワと様々な出来事が起こったのは。 後から知ったのですが、父も母も地の神様に対して何もせずに増築を行ったとのこと。そりゃ、まずいよ(涙)。 私の新しい部屋はその元裏庭に位置する部分の2階でした。最初は何も起こりませんでしたが、いつからか“ラップ音”が鳴り響くようになりました。 ちなみにラップ音って、音がするだけではなく青白く光ります。他の人の経験と比べたことはないので分かりませんが、少なくとも私のその部屋は青白く光りました。 そして時を経るにつれ、部屋の中に“霊達”が溜まりだしたのです。 夜中、私が金縛りに遭うと、その部屋に集まって来た霊達の声が聞こえてきます。最初はほんの2〜3人の声でした。しかし段々とその数は増えていき、最終的にはまるで【渋谷駅のスクランブル交差点】のような賑やかさになっていったのです。 それでもこの時点では、耐えることができました。 なぜって? それら霊達は私に興味が無いのか、はたまた気が付かないのか、全く話し掛けてこなかったからです。完全なる無視です(笑)。金縛りにはなるので、それがとても嫌だったし怖かったけど、私はなんとか持ち堪えることができたのです。 しかし、そんな安心(?)の時も長くは続きませんでした。 ある日を境に、私の部屋に溜まる霊の1つ(1人?)がとうとう話し掛けてきたんです。 続きは後編で。

霊媒体質:天井アイスクリーム現象

今回も霊的体験を発表しようかな(笑)。 前回の記事を読んでいない方は、読んでからこちらを読んでいただけたらと思います。 【天井アイスクリーム現象】 タイトルだけだと微妙ですね。 私、乳児の頃から喘息持ちでして、いわゆる“小児喘息”だったのです。しかもかなり重度の。 自宅には私専用吸入器がありましたし、私が小学4年生の時にかかりつけのお医者さんから「もうこのままいくと将来的に心配だから武道と水泳をやらせよう」と言われたほどです(ちなみにこのお医者さん、地域スポーツ少年団の剣道と空手の先生で、そこに通うことになったのです)。 喘息の経験がある方は分かってくれると思いますが、発作が出るともう歩くこともできません。 1歩進むだけで「ヒュー、ヒュー」と息ができずストップしてしまいます。 後に母から聞いたところ、喘息のせいで小学校4年生までの4年間は1/3しか学校に通うことができなかったようです。 特に夜は地獄!寝れない!!苦しくて寝れない!!!苦し過ぎて泣けてくる…が泣いても寝れない。 ということで、ここからやっと本題です。 ある夜(多分、小学1-2年の頃)、いつもと同じくヒュー、ヒューと眠れないでいたのですが、その状態で天井を見ていたら天井がなんと『白とピンクのクリームのようなものでマーブル状にグルグル』となり始めたのです(ウルトラQのオープニングのような)。 白とピンクなのでソフトクリーム/アイスクリームみたいですよね? 私はヒュー、ヒューなりながらも「なんか美味しそうだなぁ」と思ったわけですが、なんとそれが液体となって天井から私の口をめがけてポタッと落ちてくるではありませんか! 分かります、この状態? 私はスグに気が付いてその液体を入れるよう口を開けました。 そして口に入りました。 感想ですか? 「美味しい!!」 「冷たくて気持ちいい!!」 めっちゃ美味しいんですよ、ホントに。めっちゃ気持ちいいんですよ、ホントに。 色の通り味は“バニラ・ストロベリー味”でした(笑)。 そして何度かその液体を味わうと、発作が治まってきて眠れたんですね〜。 前述したように、小学4年生までは1/3程度しか学校へ行けなかった。 ということは、かなりの頻度で発作が起こっていたことになりますが、さすがに毎回“天井アイスクリーム現象”が起こるわけではありませんでした。それからも辛くて眠れない夜もありました。でも、「ここぞ!」という時にはその現象によって助けられたのを覚えています。 私の中でこの現象は“脳が自分の苦しさを和らげるために見せた(感じさせた)幻想みたいなもの”と決めてかかっていましたが、私が信頼している先生に聞いたところ「いや、それは霊感ですし、特殊能力ですね」と。 信じます? まぁ、信じるも信じないも、ホントにあったことなんで。

霊媒体質:マイケル・ジャクソン事件

いきなりですが、私ばぐーす長谷川、昔から『霊媒体質』だと言われます(ホントに唐突だけど・笑)。 こういう話って、信じる人と信じない人の真っ二つに分かれますが「こういう話もあるんだ」と軽く読んでいただければ幸いです。 とか書き始めたけど、何を書いて良いのやら(笑)。 【マイケル・ジャクソン事件】 マイケルが私に対して事件を起こしたとかそんなんじゃなくて(笑)、私が学校の3階から落ちそうになった→その時の状態が、マイケルがSmooth CriminalのMVで見せた“身体を棒のように伸ばした状態で45度の角度で踵から身体を傾ける技(説明が長い!)”に似ていることから付けられた名前(と言っても私の事件の方が5年も前なので後付けですが)。 でも実際は、45度なんて緩い角度ではなく、立った状態から80度前後(直角に近い!)まで窓の外に倒れました。 うーん、想像しづらいですね。 中学校の校舎3階の廊下の大きい窓。高さは150cm程度(多分)。 廊下でサッカー遊びをしていて(するなよ)ボールが外へ出てしまいました。 そして、その大きい窓のサッシの上に乗って下に居た女子生徒に声を掛けました。 私「おーい、ボールを拾ってここまで投げてくれ」 女子生徒「えぇ〜、投げてもそこまで届かないよ〜!」 私「しょうがねぇなぁ、じゃぁここから飛び降りて自分で拾うか」 当然ながら私は冗談で言っただけ。しかしなぜか(今でも理由は分からない)上記のような状態に(涙)! 私は「あっ、落ちる」と思いつつも不思議と慌てることなく「死ぬんだな、これは」と脳裏をよぎり、そうなることを受け入れました。 が!!!私の体は落ちることなく、背中を引っ張られるように『スーッ』と直立状態に戻ったのです。 多分、時間にすると1秒あるか無いか。 何が起こったのかよく分からないまま下を見ると、女子生徒は蹲って泣き崩れ(落ちたと思ったみたい…そりゃそうだよね)、一緒にサッカーで遊んでいた友人は口を開けたまま何も言葉が出ず震えていました。 私「おい、俺どうなったの?」 友人「いや、こうなって(腕でさっきの状態を表す)、落ちたと思ったら何かに引っ張られるようにそのままスーッと元に戻った」 その後、どうやって家に帰ったか、友人とどんな話をしたかは覚えていません。疲れ果てた感じでボーッとなってましたので。 この事件を私が信頼している先生に聞いたら「自分のパワーと守護霊様のパワーが融合した結果」だと説明してくれました。 「自分の力だけでは無理だし、守護霊様だけでも無理」だと。 信じます? まぁ、信じるも信じないも、ホントにあったことですけど。 今でもその友人と年に1〜2回程度ですが会うことがありまして、会った時には必ずこの話が出てきます。 私「アレって、何だったんだろ?」 友人達「分からないけど、思い出すとやっぱ怖い」 https://www.youtube.com/watch?v=dRuQAn92JRY&t=389s

Latest news

本日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーはトルネード・ポップと呼ばれたMarsh Kidsをご紹介♪ 2022.6.28 (火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 6月28日(本日)On-AirのBagus Music / チンタ・インドネシアのコーナーは、インドネシアのインディーズ・シーンのレベルの高さを象徴するバンド:Marsh Kidsの特集です。 以前、ここのサイトで紹介したページはコチラ↓インドネシアのインディーズ音楽界のレベルの高さを知る:トルネード・ポップ/Marsh Kids-マーシュ・キッズ たった1枚でバンドは崩壊しているようですし、ほとんどバイオ的なものが存在していないのでどう説明したものか...と悩んでしまいますが、「この秀逸な音楽をラジオでも紹介したい!」ということで、今週はメッセージ無しで純粋に彼らの音楽を楽しんでいただきます。 Marsh Kidsの唯一作:The Many Failings Of Bugsy Moonbloodと出会ったのは、このアルバムがリリースされたばかりの2014年。私、インドネシアへ行く度に足繁くCDショップへ行き、かなりの枚数のCDを購入するのが日課だった訳ですが、2014年のとある時、いつも利用しているジャカルタのCDショップの新譜コーナーにこのアルバムが飾られていました。 シュールやな...プログレ(ジェネシスあたりの)系?店員さんに聞いたところ「なんかね、トルネード・ポップとか言っとった」と。トルネード?竜巻??店員さん「いや、けっこうお洒落なポップスやで」ほぉう、そりゃ多分俺の好みやな店員さん「聴いてみる?」 ということで新品のビニールをビリビリと破き(インドネシアではこれが普通)、店内で聴かせてもらうことに。 1曲目のイントロを聴いただけで”おぉーえぇやんえぇやん”と大騒ぎ。そして購入し、すぐさまファンになりました。 それからもう約8年が経過している訳ですが、いまだにアルバムごと聴いてしまいます。彼らだけではありませんが、インドネシアのインディーズ・シーンは本当にレベルが高い!そしてFMラジオに似合うナンバーが多い。 もともと他バンドやサイド・プロジェクトを持っているミュージシャンの集合体なので、バンド崩壊ではなくただ単に”それ以来作品を出す機会が無い”だけかもしれませんが、また活動を再会し、作品をリリースしてくれることを願うばかりです。 ここではMusic Videoを紹介します是非観て/聴いてください↓↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=D_BAGX9iUlc Marsh Kidsのアルバム:The Many Failings Of...
- Advertisement -spot_imgspot_img

本日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーはレゲエ/ダブ〜Yella Sky Sound System登場♪ 2022.6.21(火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 6月21日(本日)On-AirのBagus Music / チンタ・インドネシアのコーナーは、世界各国のレゲエ/ダブのアーティストと共に活動しているYella Sky Sound Systemを特集します。 Yella Sky Sound Systemは、プロデューサー/サウンドメーカーであるAgent-K率いるプロジェクト♪2014年に結成され、早くも同年にシンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、フィリピンなど東南アジアのツアーを敢行し成功を収めています。 2017年2月には、エイジアン・ダブ・ファウンデーションのアクターヴェイターらとのコラボ曲を含む「General Irie (イリー)」という1stアルバムをリリース。 2018年にはマレーシアはランカウイ島のKing Iとのコラボ曲を収録したミニ・アルバム:Riddim Dong Compilation、2019年にもマレーシアはランカウイ島のMirollとシングル:Babylon Inna Mi...

本日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーは夫婦デュオ:Endah N Rhesa登場♪ 2022.6.14 (火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 6月14日(本日)On-AirのBagus Music / チンタ・インドネシアのコーナーは、秀逸夫婦デュオ:Endah N Rhesaを特集します。 2004年に結成した南タンゲラン出身のEndah N Rhesa Endah N Rhesa=Endah Widiastuti (Vo, G/奥さん)Rhesa Aditya (B/旦那さん)の仲良し夫婦デュオでございます。 作品の多くは優しくてキャッチーなFolk Popですが、ライブではJazzやBluesの要素を生かした演奏を聴かせてくれ、Rockな面をも打ち出す演奏を聴かせてくれます。 2003年に同じバンドで活動を始めたのが2人の出会いだったが、他メンバーと意見の相違があり辞めることを決意。後にエンダーのソロ・プロジェクトを開始するが(ご主人のRhesaはプロデューサー)、2人だけでジャム・セッションしたり口喧嘩をしたりしながら音楽を作っていくのが最も心地良いと感じるようになり”デュオ”に行き着く…これがEndah N...

Must read

本日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーはトルネード・ポップと呼ばれたMarsh Kidsをご紹介♪ 2022.6.28 (火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 6月28日(本日)On-AirのBagus Music / チンタ・インドネシアのコーナーは、インドネシアのインディーズ・シーンのレベルの高さを象徴するバンド:Marsh Kidsの特集です。 以前、ここのサイトで紹介したページはコチラ↓インドネシアのインディーズ音楽界のレベルの高さを知る:トルネード・ポップ/Marsh Kids-マーシュ・キッズ たった1枚でバンドは崩壊しているようですし、ほとんどバイオ的なものが存在していないのでどう説明したものか...と悩んでしまいますが、「この秀逸な音楽をラジオでも紹介したい!」ということで、今週はメッセージ無しで純粋に彼らの音楽を楽しんでいただきます。 Marsh Kidsの唯一作:The...

本日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーはレゲエ/ダブ〜Yella Sky Sound System登場♪ 2022.6.21(火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 6月21日(本日)On-AirのBagus Music / チンタ・インドネシアのコーナーは、世界各国のレゲエ/ダブのアーティストと共に活動しているYella Sky Sound Systemを特集します。 Yella...