Tag:City Pop

主催公演レポート:Bagus Rock Show〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説Vol.2〜(12月2日)

任意団体:ばぐーす長谷川主催公演レポート 12月2日は佐賀市のLive Bar・雷神にて、「日本のロック/ポップス・シーンを振り返るといつも彼がいる」と佐野元春氏に言わしめた音楽界の重鎮:伊藤銀次さんをスペシャルゲストにお迎えしてのイベント:Bagus Rock Show〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説Vol.2〜を開催しました! 今回もかなりの大盛況・大興奮・大爆笑(笑)の中イベントを終えることができて、皆さまには感謝しかございません...ありがとうございました!! 今年でデビュー50周年を迎えた伊藤銀次さんの歴史はとても興味深く、音楽をやっている者もやっていない者も目から鱗のお話が連発!発する言葉・ストーリーでとても詳細に当時のことを伝えてくれるので、その現場を見ていない我々もその時そこに居て経験をしたような気分になる...それが銀次節なのですが、銀次さんの音楽の歴史を振り返りつつ日本のロック/ポップスの大きな変遷を迎えた時代を深掘りし、現代の新しい音楽、そして未来へと繋げていくトーク・ライブ&ミニライブ・イベントとなりました。 伊藤銀次さんのリアルで興味深いお話はもちろんのこと、お人柄まんまの優しさ溢れるポップなライブも大盛況! 昨今海外で人気の高い伊藤銀次さんのCity Pop然とした往年の名曲や、実は銀次さんがソングライティングしている“笑っていいとも!”のテーマ曲:ウキウキWATCHING、シュガー・ベイブのDOWN TOWNもミニライブで披露。伊藤銀次さんを深く知らなかった一部のお客様も大興奮の一夜となりました♫ 今回も自他共に認める、普通のライブではなくトークライブだけでもない、音楽的観点と歴史的観点にしっかりと着目した新しいスタイルのイベント:Bagus Rock Show 2022となりました。こういったイベントを毎回行うことが出来て本当に幸せです!ありがとうございました!! そして余談ですが、昨今海外で人気を博している70年代後半〜80年代の日本のシティ・ポップ当然ながら銀次さんの数々の名曲もその中に入っているわけで、そのあたりのことを聞きましたら「インドネシアのファンからメールやSNSで感想をいただく」とのこと。さらには「銀次さんの曲をカバーしたいのですが、日本語が分からないので歌詞をアルファベットで書いて教えて欲しい」という連絡もチラホラあるようです。いまだからこそ、”ジャパニーズ・シティ・ポップ”とあらためて想う今日この頃です。 佐賀で行うBagus Rock Showは次回でラスト!12月10日にROLLYさんをお迎えいたします♪その後は奈良・京都・浜松にてBagus Rock Showを行って年内は終了です。とうとう終わりが見えてきましたが、このまま走り続けますので引き続き宜しくお願いいたします。 今回の公演を観に来てくれた皆さま、配信で盛り上がってくれた皆さま、このイベントを支えてくれたスタッフの皆さま、そしてもちろん伊藤銀次さん♫本当にありがとうございました!! “良き音楽は良き人生へと誘う” 任意団体・ばぐーす長谷川代表:長谷川修久

BAGUS ROCK SHOW〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説Vol.2〜:公演のお知らせ

任意団体:ばぐーす長谷川主催による新たな公演がさらに決定いたしました!この日も素敵なゲストをお迎えして”ジャパニーズ・ロック/ポップス”をテーマにお届けします♪ ■Bagus Rock Show〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説Vol.2〜日本のロック/ポップス・シーンを振り返るといつも伊藤銀次がいる 日時:12月2日(金)Open 19:00 – Start 20:00会場:LIVE BAR・雷神(佐賀市)料金:¥4,000(+1Drink)配信:¥2,500出演:ばぐーす長谷川(当団体代表:長谷川修久)スペシャルゲスト:伊藤銀次(シンガーソングライター、音楽プロデューサー、ギタリスト) チケットは10月4日(火)10:00からPassMarketにて販売開始!(PassMarket、LIVE BAR・雷神のウェブサイトはコチラ↓をクリック) BAGUS ROCK SHOW〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説Vol.2〜:PassMarketLIVE BAR・雷神 昨今、世界的なブームとなっている70〜80年代の日本のシティ・ポップス。海外の若い人たちがこぞってそれらを「今の音楽より良い」と評価しています。なぜJ-POPと呼ばれる今の音楽ではなく、その時代の日本の音楽が世界を席巻したのだろうか…。 「日本の音楽シーンを振り返るといつも彼がいる」 と言われ、音楽界を引率してきた伊藤銀次さんをスペシャルゲストにお迎えし、日本のロック/ポップスの大きな変遷を迎えた時代を深掘りしつつ、現代に通じる新しい音楽、そして未来へと繋げていくトーク・ライブ&ミニライブ・イベントです。 配信も用意しています。遠方からのご視聴もお待ちしております。 ■スペシャルゲスト:伊藤銀次1950年・大阪府生まれ。72年にバンド“ごまのはえ”でデビュー。その後ココナツバンクを経て、シュガー・ベイブ75年の名盤 『SONGS』(「DOWN TOWN」は山下達郎との共作)や、大瀧詠一&山下達郎との『ナイアガラトライアングルVol.1』(76年)など、歴史的なセッションに参加。77年『DEADLY DRIVE』でソロ・デビュー。以後『BABY BLUE』を含む10数枚のオリジナルアルバムを発表しつつ、佐野元春、沢田研二、アン・ルイス、ウルフルズなど数々のアーティストをプロデュース。「笑っていいとも」テーマ曲『ウキウキWATCHING』の作曲や「イカ天」審査員など多方面でも活躍。その他イベント・ラジオ出演・執筆・レギュラー(インターネットラジオ)番組等々、精力的に活動を展開中。2022年でデビュー50周年を迎える。 ※当イベントでの注意点※・当イベントでの撮影は一切禁止とさせていただきます・感染症拡大防止への取組とご来場のお客様へご協力のお願い1. すべてのご来場のお客様にマスクの着用をお願いしています(マスクを着用していない方はご入場いただけません)2. 会場にて緊急連絡先のご登録をお願いします3. 体調が優れない方のご来場はご遠慮ください

BAGUS ROCK SHOW〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説〜:公演のお知らせ

任意団体:ばぐーす長谷川主催による新たな公演がさらに決定いたしました!この日も素敵なゲストをお迎えして”ジャパニーズ・ロック/ポップス”をテーマにお届けします♪ ■Bagus Rock Show〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説〜日本のロック/ポップスの大きな変遷を迎えたあの時代をトークと演奏で紐解くイベント! 日時:11月23日(水・祝)Open 18:00 – Start 19:00会場:LIVE BAR・雷神(佐賀市)料金:¥6,000(+1Drink)配信:¥3,000出演:ばぐーす長谷川(当団体代表:長谷川修久)スペシャルゲスト:原田真二 チケットは9月24日(土)10:00からPassMarketにて販売開始!(PassMarket、LIVE BAR・雷神のウェブサイトはコチラ↓をクリック) BAGUS ROCK SHOW〜輝けるジャパニーズ・ロック/ポップス伝説〜:PassMarketLIVE BAR・雷神:EVENT SCHEDULE 11月 昨今、世界的なブームとなっている70〜80年代の日本のシティ・ポップス。海外の若い人たちがこぞってそれらを「今の音楽より良い」と評価しています。なぜJ-POPと呼ばれる今の音楽ではなく、その時代の日本の音楽が世界を席巻したのだろうか…。 歌謡曲一色だった日本の音楽界の常識を塗り替えた天才:原田真二さんをスペシャルゲストにお迎えし、日本のロック/ポップスの大きな変遷を迎えた時代を深掘りしつつ、現代に通じる新しい音楽、そして未来へと繋げていくトーク・ライブ&ミニライブ・イベントです。 配信も用意しております。遠方からのご視聴もお待ち申し上げます。 ■スペシャルゲスト:原田真二1977 年「てぃーんず ぶるーす」でデビュー。3ヶ月連続でシングルを発売し、その全てが同時にベスト10入りし、デビューアルバムが初登場一位を記録するという日本音楽史上初の快挙を成し遂げる。他アーティストへの楽曲提供、プロデュース、小学校の校歌制作も手掛けている。心の環境整備を訴えたチャリティー「鎮守の杜コンサート」を開催しNPO法人を設立。平成22年度広島市民賞を受賞。NY国連本部・国連軍縮会議をはじめ、欧米・フィリピンでの演奏も継続し、音楽を通じ、周りを思いやる優しさ「大和」の心を、世界中に届ける活動を展開している。2022年でデビュー45周年を迎える。公式ホームページhttp://www.shinji-harada.com/ ※当イベントでの注意点※・当イベントでの撮影は一切禁止とさせていただきます・感染症拡大防止への取組とご来場のお客様へご協力のお願い1. すべてのご来場のお客様にマスクの着用をお願いしています(マスクを着用していない方はご入場いただけません)2. 会場にて緊急連絡先のご登録をお願いします3. 体調が優れない方のご来場はご遠慮ください

Latest news

4月22日 ON-AIR【Do you know Indonesia?〜ばぐーすなインドネシアミュージックの世界 Vol.7】LOVE FM

毎月第4月曜日は↓↓↓↓”Do you know Indonesia?〜ばぐーすなインドネシアミュージックの世界〜(LOVE FM)”4月のオンエアは[4月22日(月)21:00〜]です!! 今回も聴きどころ満載でございます!素敵なインドネシアのポピュラー・ミュージック満載ですよ(喋りが長くなっちゃって短めにはなりますが💦)!! 当番組の名物コーナー「突撃テレフォンし隊」!!今回はEndah Widiastuti (Endah N Rhesa)にお話を伺っていきます。 インドネシアのインディーズ界を引率してきた超重要人物/デュオ:Endah N Rhesa夫婦デュオですが、その奥様の方、Vocal/GuitarのEndahをお迎えしていきます♪ 彼らが居たから、彼らが頑張ったから、今インドネシアのインディーズ界はメジャーと寸分違わぬ活躍が出来ていると言っても過言ではありません。 未聴の方に解説すると、基本ジャンルは現代的フォーク・ポップ。全ての楽曲が、とても優しい癒される空気を纏っていて、聴くものを選ばない世界共通の音楽です。 そんな癒され系音楽満載のデュオなんですが、ライブでは「おっ!なんかツェッペリンじゃん!!」的ロックな一面が見えたり/聴けたり、ご主人のRhesaがEndahの後ろから手だけを出してEndahが持つギターを弾くという飛び道具(二人羽織的な)で魅せたりと、スタジオ作とは違うエンタメ性抜群の演奏を聴くことが出来ます!! それにEndahのスライド・ギター!!!めちゃくちゃブルージーで凄まじくロック!!!またライブ観たいなぁ(日本で観れたら幸せ❤️)。 そんなEndah N Rhesaの凄さの秘密を、ほんの少しでも電話インタビューで紐解いていければと思っています! そして他ラインナップはコチラ↓↓↓↓・J-Rocks・Abih RV ということで、今回の放送もぜひぜひ聴いてくださいませ〜🎧 それから当番組、月イチ番組ではありますが、皆さまからのメッセージも募集しております!いつどのタイミングで送ってくれても大丈夫です。ご意見・ご感想等お寄せくださいませ。できましたら「Do you know Indonesia?」とか「ばぐーす長谷川」とか、なんなら「インドネシア」だけでもいいのでタイトルを付けてくれると助かります。LOVE FMの番組は全て同じメールアドレスになりますので、どの番組宛てか分かるようお送りください。宜しくお願いいたします。↓↓↓↓761@lovefm.co.jp LOVE FM...
- Advertisement -spot_imgspot_img

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜第46回「英国フォーク・シンガーの理想像:Sandy Denny特集」4/17

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜(FM那覇)毎週水曜日22:00〜オンエア 今週は、4月21日に命日を迎えるSandy Denny / サンディ・デニーを特集していきます!!胸に染みるナンバーばかり...癒されていきましょう。 1978年4月21日、31歳という若さでお亡くなったサンディ・デニーThe Whoのピート・タウンゼントは彼女のことを「英国フォーク・シンガーの理想像」と言っていました。超有名なところでは、Led Zeppelinの名盤中の名盤:IVの1曲:「The Battle Of Evermore / 限りなき戦い」で、Robert Plant御大と一緒に歌っているお人でございます。ちなみにツェッペリンの作品で、ロバート御大以外のシンガーが出てくるのはサンディただ1人。英国で、どれくらいリスペクトされていたかが分かるかと思います。(The Whoの名作:Tommyのオーケストラ版の「It’s A Boy」もサンディです) 「三大英国トラッド/フォーク・ロックバンド」のひとつ:Fairport Conventionの2代目のシンガーで名を馳せ(その前にはThe Strawbsとの共演もありますが)、脱退後は恋人で、後の夫となるトレバー・ルーカスとFotheringayを結成。Fotheringay以降はソロ、そしてFairport...

月刊Bagus!Vol.14 (ロック/ポップスDJ&トーク)は「英国産スワンプ〜Swamp Rockを英国へ持ち込んだ男達〜」4月17日(水)@LIVE BAR・雷神

毎月開催のイベント:月刊Bagus!でございます。毎月テーマを決め、素晴らしきロック/ポップス達を大音量でお届けして皆さまを素晴らしき音楽の世界へと誘っていくスタイルのイベントです! 今月は基本に立ち返ってみようか...ということでコチラがテーマ♪↓↓↓↓ 今回は(私個人的にも)初心にかえって『Swamp Rock』しかもレオン・ラッセル率いるLAスワンプではなく、デイヴ・メイスン、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスンが英国へ持ち帰ったところから始まった”英国スワンプ”をテーマにしました♪ 日程:4月17日(水)会場:LIVE BAR・雷神時間:Open 19:30  Start 20:00料金:¥1,500(+1ドリンク)月刊Bagus! Vol.14のテーマ:英国産スワンプ〜Swamp Rockを英国へ持ち込んだ男達〜↓↓↓↓◆Live Bar・雷神:イベント・スケジュール(2024年4月)はコチラ お店に来れない・時間が無い・遠方の方の為に”ツイキャス・プレミア”配信もあります!! LIVE BAR・雷神ツイキャス・プレミア配信料金 ¥1,000※アーカイブは2024年4月21日日曜日23:59まで視聴可能です↓↓↓↓◆ツイキャス・プレミア配信チケットはコチラ 冒頭で「初心にかえる」と書いていますが、よく考えたら月刊Bagus!ではスワンプをテーマにした特集は1度もやってなかったですね(笑)。 Swamp Rock/Swamp Music:R&B, Gospel, Countryといった米ルーツ音楽が、黒人・白人の垣根を越えて混ざっていった音楽、それがサザン・ソウルやスワンプ・ミュージック。ブリティッシュ・ビート(インヴェイジョン)、サイケデリック・ムーヴメントが終焉を迎え、多くのミュージシャン/バンドが目指した先、それが古き良きアメリカ音楽への回帰。そのルーツへの回帰、それに根差したロック・ミュージックが「スワンプ・ロック」なのです。 そして、デラニー&ボニー、レオン・ラッセルらが興したスワンプ・ロックが英国に流れていった経緯とは? デラニー&ボニーの音楽をジョージ・ハリスンが入手し、それがエリック・クラプトンやデイヴ・メイスンに渡っていった事から始まっている。クラプトンがデラニー&ボニーをブラインド・フェイスの前座に起用したり、デラニー&ボニーの英国ツアーを企画することで、数々の英国ミュージシャンがデラニー&ボニー=スワンプ・ミュージックと関わっていくのですよ。そして、それらは当時、英国ロックの最先端となっていった訳です。 全ロック・ミュージックの歴史的に見ても、とても重要な位置を占めるスワンプ・ロック! そこをあらためて深掘りしていきたく考えております!! 16曲ほど選んでいますが、全てが70年代初期〜中初期。1番新しいのが1974年という(笑)。しかも余程好きじゃないと知らないであろうアーティストが半分以上! でもホント、秀逸な作品ばかりですし「知らないからこそ面白い/吸収しやすい」のです!!アナタの知らない素敵な音楽の世界...聴いていきましょう(もちろん知ってる人もね)♫ ということで、今回も「皆さんの心に良い音楽を届けたい!!」の想いを全面に出し、ヒューマン・ロック・ナビゲーター :ばぐーす長谷川が深く深く月間Bagus!を行っていきます♫ __________________________________________________ 楽しくワクワクしながら音楽を”インプット”していただく…それが【月刊Bagus!】!皆さんの音楽ライフを充実させていきましょう!! 是非LIVE BAR・雷神まで足を運んでいただくか、ツイキャスのプレミア配信にてご視聴くださいませ!皆さまのご参加、お待ちしております!! “良き音楽は良き人生へと誘う” ばぐーす長谷川

Must read

4月22日 ON-AIR【Do you know Indonesia?〜ばぐーすなインドネシアミュージックの世界 Vol.7】LOVE FM

毎月第4月曜日は↓↓↓↓”Do you know Indonesia?〜ばぐーすなインドネシアミュージックの世界〜(LOVE FM)”4月のオンエアは[4月22日(月)21:00〜]です!! 今回も聴きどころ満載でございます!素敵なインドネシアのポピュラー・ミュージック満載ですよ(喋りが長くなっちゃって短めにはなりますが💦)!! 当番組の名物コーナー「突撃テレフォンし隊」!!今回はEndah Widiastuti (Endah N Rhesa)にお話を伺っていきます。 インドネシアのインディーズ界を引率してきた超重要人物/デュオ:Endah...

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜第46回「英国フォーク・シンガーの理想像:Sandy Denny特集」4/17

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜(FM那覇)毎週水曜日22:00〜オンエア 今週は、4月21日に命日を迎えるSandy Denny / サンディ・デニーを特集していきます!!胸に染みるナンバーばかり...癒されていきましょう。 1978年4月21日、31歳という若さでお亡くなったサンディ・デニーThe Whoのピート・タウンゼントは彼女のことを「英国フォーク・シンガーの理想像」と言っていました。超有名なところでは、Led Zeppelinの名盤中の名盤:IVの1曲:「The Battle...