Tag:Progressive Rock

月刊Bagus!Vol.10 (ロック/ポップスDJ&トーク)は「”深紅の王” KING CRIMSONを聴く〜美しきかなプログレッシブ・ロック〜」11月29日(水)@LIVE BAR・雷神

月刊Bagus!Vol.10 毎月開催のイベント:月刊Bagus!でございます。毎月テーマを決め、素晴らしきロック/ポップス達を大音量でお届けして皆さまを素晴らしき音楽の世界へと誘っていくスタイルのイベントです! 11月は、とうとうあのジャンルに踏み込みます!佐賀のロック講座系では初登場ですね♪King Crimson!!!↓↓↓↓ 日程:11月29日(水)会場:LIVE BAR・雷神時間:Open 20:30  Start 21:00料金:¥1,500(+1ドリンク)月刊Bagus! 11月のテーマ:”深紅の王” KING CRIMSONを聴く~美しきかなプログレッシブ・ロック~↓↓↓↓◆Live Bar・雷神:イベント・スケジュール(2023年11月)はコチラ そしてもちろんツイキャス・プレミア配信もあります!! LIVE BAR・雷神ツイキャス・プレミア配信料金 ¥1,000※アーカイブは3日間 (12月2日土曜日23:59まで視聴可能です)↓↓↓↓◆ツイキャス・プレミア配信チケットはコチラ これまで長年やってきたロック講座では、何度かプログレッシブ・ロックに足を突っ込んできましたが、月刊Bagus!としては初でございます!! ていうか「私・僕プログレ好きなんです!!」という人にここ数年会っていないような...。 いや、もちろんどこかには多数存在しているんでしょうけど、私個人的にはここ最近会ったことがない。というより話題にも出ない(涙)。アンチには会ったことがあるけれど(笑)。 まぁ私も、ここ数年の活動では【オルタナティヴ・カントリー/アメリカーナ】や【スワンプ・ロック(結局アメリカーナなのですが時代が違うので)】【サザン・ロック】【インドネシアのロック/ポップス】の布教(?)がほとんど。 11月に入り一気に寒くなってきましたし「しばれるね〜」な時はプログレがお似合い(な気がする)ということで、鋼のように逞しくもあり、儚い美しさをも持ち合わせる素晴らしきバンド:King Crimsonを聴いていきましょう!! 正直、バンド等の活動歴やデータ詳細とか別に知らなくても良いのですよ。難しくする気も全くありません。ただただ『この素晴らしい音楽を知って欲しい』という気持ちなだけです。聴いたことがない・プログレなんて難しい音楽に興味が無い...なんて思っているだけで、聴いてみたらめちゃくちゃハマるかもしれませんよ!! 音楽を聴く作業って、人間が本来持っている感性を呼び起こすためだと私は考えています。聴かず嫌いではその感性の扉が閉じられたままかも...と思うこともあります。 なんだか少々堅苦しい感じになってきましたが、とにかく素晴らしい音楽を紹介していく・聴いてもらうことが目的のイベントです。好きな人はもちろんですが、この手の音楽を通ってこなかった方は、この機会にプログレ、そしてKing Crimsonを聴いてみませんか? 音やアイデアを日々進化~昇華させ、それを熱心な音楽家が集まって演奏する楽団...これこそがKing Crimson!少しでも皆さんの心に良い音楽を届けたい!!そんな想いを込めて今回も月間Bagus!を行っていきます♫ ____________________________________________ 楽しくワクワクしながら音楽を”インプット”していただく…それが【月刊Bagus!】!皆さんの音楽ライフを充実させていきましょう!! 是非LIVE BAR・雷神まで足を運んでいただくか、ツイキャスのプレミア配信にてご視聴くださいませ!皆さまのご参加、お待ちしております!! “良き音楽は良き人生へと誘う” ばぐーす長谷川

明日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーは幻想的作品”Aksan Sjuman & The Committee Of The Fest”特集♪ 2023.1.17 (火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 明日・1月17日On-AirのBagus Music ”チンタ・インドネシア”のコーナーは、Potretのドラマー:Aksan Sjuman率いるThe Committee Of The Festの1stアルバムを紹介していきます! プログレ・ファンやジャズロック・ファンから評価の高い作品ですが、そのジャンルのファンに限らず多くの方に聴いていただきたい秀逸な作品でございます。 レコーディングは2007年に行われていたのですが、リリースされたのは2014年。熱心なファンから『幻の作品』と言われていた名盤となります。 この魅惑的なバンドを引率してきたのはもちろんAksanですが、私的には女性シンガー:Kartika Jahjaの魅惑的な声、そして発音が堪らない!!インディーズでかなりの人気を誇るTika & The Dissidentsのシンガーですが、「インドネシア最高峰のインディー・ソロイスト」と呼ばれたのも頷ける高尚な雰囲気をも持ちあわせためちゃくちゃカッコいい人でございます(ここ数年の活動状況等が分からなくて残念ですが)。 Music Videoが無くてAudioになりますが、YouTubeにもアップされていますので是非聴いてください!せっかくなのでアルバムとは別バージョンを紹介します(2020年2月にリリースされたバージョンです)。↓↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=_ydgigtUpBs アルバム:Realitas Khayalのクリムゾン的バージョンとは違い、とてもプリミティブ!もともと持っていた呪術的な雰囲気がさらに光っていますし、かなりVooDooな匂いが...。 そしてコチラも是非、ラジオに先駆け聴いてみてくださいませ!↓↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=QO3cKTGw3Cs 明日、FMラジオから流れるアルバム:Realitas Khayalからの魅惑的な名曲群...楽しみにしていてください!! ということで明日のBagus Musicもお楽しみに〜!私とは明日夜8時にお逢いしましょう♫ “良き音楽は良き人生へと誘う” 素晴らしき、インドネシアン・ポピュラー・ミュージックの扉を開こう♫

明日のBagus Music/FM佐賀:チンタ・インドネシアのコーナーはインドネシア・プログレに特化したコンピレーション・アルバム特集♪ 2022.9.27 (火)

☆Bagus Music (バグース・ミュージック):チンタ・インドネシアのコーナー☆ 9月27日(明日)On-AirのBagus Music ”チンタ・インドネシア”のコーナーは、「これまで特集できなかったテーマの特集第二弾」ということで、インドネシアのプログレッシブ・ロックを集めたコンピ作:Indonesia Maharddhikaを特集します! こういった機会でもなければ、なかなか特集できない作品/ジャンルとなります。 このBagus Musicウェブサイトでも過去に記事としてアップしていますので、是非ご覧ください。↓↓↓↓インドネシア国内のプログレッシブ・ロック・シーンはメインストリームになれたのか?/Indonesia Maharddhika (Compilation Album : 2014年) プログレッシブ・ロック:日本でもそうですけど、ある一定数のファン/マニアは存在しています…というか、実はかなり多いです!!そして提供する側も、例えメジャーでなくとも秀逸な作品は後を絶ちません。インドネシアでも当然ながらプログレ人気はそれなりに高いです。中高年の方は結構プログレマニアも多いですよー。特にキング・クリムゾン、ジェネシス・ファンが多いです。 そんなインドネシアのプログレ・シーンの扉を一気に開けようと試みた作品/コンピレーションが2014年にリリースされた“Indonesia Maharddhika”という2枚組コンピ作なのです!! 本当は、日本の“辺境プログレ/ジャズ・ロック”ファンから注目されたIwan Hasan率いる“Discus”の楽曲も収録されていますので紹介したいところですが、曲の時間等も考え不可能(涙)。 相方のトシカツも目を細めてしまいますし(笑)、Bagus Music Radioでおかけするナンバーは聴きやすくてキャッチーなところを選んでいきます! ということで、このサイトではMusic Videoをお楽しみください↓↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=oXSXFV8Tqpc お次は、このアルバムの聴きどころの1曲でもある「Imanissimo feat Andy /rif & Kadri / Simponi...

インドネシア国内のプログレッシブ・ロック・シーンはメインストリームになれたのか?/Indonesia Maharddhika (Compilation Album : 2014年)

Indonesia Maharddhika (Compilation Album : 2014年) 先ずはタイトルの答えを。メインストリームに…なっていません(涙)。 これに関しては日本も同じですし、海外でも巨大メジャー・バンド以外はメインストリームの音楽とは言えないでしょう。 ただある一定数のファン/マニアが存在しており(かなり多いですよ)、メジャーでなくとも秀逸な輝ける作品が後を絶たないのも事実。 インドネシアでも当然ながらプログレ人気はそれなりに高く、あまり一般には知られていませんが、素晴らしい作品をリリースしています。 そんなインドネシアのプログレ・シーンの扉を一気に開けようとする作品/コンピレーションが2014年にリリースされました。それが“Indonesia Maharddhika”という2枚組コンピ作なのです。 もともとプログレというジャンル自体、一般的に浸透してるとは言い難い音楽で「マニアック」扱いをされていますが、このコンピはインドネシア人なら誰もが知っているロック・スター(Once:Dewa19やAndy/rif)がコラボしている曲や、プログレにしては恐ろしくキャッチーな楽曲も収録されていたりと、リリースする側の「このジャンルを盛り上げたい」という想いがひしひしと伝わってきます。 さらに、世界のプログレ・ファンにとってかなり興味深いのが、YESでの活躍で有名な大御所:Rick Wakemanが参加した名曲“Indonesia Maharddhika”(Guruh Gipsy / Guruh Sukarnoputra and Gipsy Band: 1977年リリース)のカバー。 他にも、日本の“辺境プログレ/ジャズ・ロック”ファンから注目されたIwan Hasan率いる“Discus”の楽曲も収録されています(Iwanは前述Rick Wakemanとの共演となるIndonesia Maharddhikaでもメインで参加)。 と、ここまで熱く書いてきましたが、私のお気に入りは”Van Java/Prophecy of Jayabaya”何度リピートしたことか♪ 先ずは聴いてみてください。YouTubeはコチラ↓ https://www.youtube.com/watch?v=ucbSlwr1BF0 ついでに、Indonesia Maharddhikaのアルバム全体がわかりやすくまとまっているVideoもどうぞ↓↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=oXSXFV8Tqpc ※ラストに映されるRick...

プログレ・ファンに聴いて欲しい幻想的・魅惑的な作品:Aksan Sjuman & The Committee Of The Fest / Realitas Khayal (2014)

Aksan Sjuman & The Committee Of The Fest Potretのドラマー:Aksan Sjuman-アクサン・シューマン率いるThe Committee Of The Fest-ザ・コミッティー・オブ・ザ・フェスの1stアルバム。 タイトルにもある通り、けっこう幻想的なサウンドを聴かせてくれる名盤です。リリースされたのは2014年ですが、レコーディングは2007年に行われており、熱心なファンから『幻の作品』と言われていた作品。 リーダー:Aksan Sjumanについて 彼は学生時代、ドイツに留学しクラシックを学んだ人で、ポピュラー音楽とは畑違いなところからスタートしています。そして帰国後、Dewa 19に加入(当時の名前はWong Aksan)。しかし、アルバム:Pandawa Lima (1997)をリリース後、早くも脱退。これは「彼はジャズ・ロック指向でDewa 19に合わない」という(バンド側の意向)理由からだったようです。 そして2001年、Potretに加入します。 もちろん現在もPotretのメンバーですが、Potretが解散(もしくは活動休止)していた時期があり、その間にリリースされたのが今回ご紹介する “Realitas Khayal”になります。 この魅惑的なバンドを引率してきたのはAksanですが、私的に最大の目玉は女性シンガー:Kartika Jahja-カルティカ・ジャジャ! 自身のバンド:Tika & The...

Latest news

Soul And Kith:バンドとしてリニューアルしてのNew EPリリース【A Journey Unseen】

今回は私イチオシのアーティスト、バリ島のSoul And Kithの新作を紹介していきます。 これまで幾度となく登場している(私の推しなので・笑)Aik Krisnayanti率いるSoul And Kithの新作が6月3日にリリースされました!! 先ず最初に言います...絶対に聴いてください! 元々デュオからスタートし、Vocal: Aikのスピリチュアルな感性、メロディ、歌唱がSoul And Kithの個性でしたが、現在は4人組=バンドとしてリニューアルしております。 バンド体制になってから、先ずはMusic Videoのみでリリースされたナンバーが『Unbound Voices』この曲がYouTubeにアップされたのは2023年12月31日でした。続けて新曲のみが収録されるEPをリリースすると聞いていましたので、何度となくAikと連絡を取り合いながらリリースを待っていたのですが、これがなかなか出ない!!そして半年経った6月初旬にやっとリリース...という流れになっています。 昨年末にリリースされた『Unbound Voices』を聴いた時に「おっ!これまでより少しポップな質感になっている」と感じましたが、EP収録の4曲を何度も聴いてそれが確信に変わりました。 バンド体制になって質感も少し変わって、それがマイナスな方向へ行く場合もありますが、彼女たちの場合、確実にプラスになっていると私は思います。 デュオ時代の霊感豊かな作風・イメージ・サウンドに惚れ込んだ私ではありますが、そこをバランス良く残したままバンドらしく、そしてポップへと変化しており、これまでよりも清涼感のあるサウンドが聴ける秀逸な作品になっています。洋楽ファンも納得のEPではないでしょうか♪ メンバーはデュオ時代から続く(2022年に来日も果たした)Aik: Lead Vo, GMichael: Lead G, Back Voそして新加入のSagung:...
- Advertisement -spot_imgspot_img

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜第52回「ROCK THE WEDNESDAY最終回:テーマなき名曲たち特集」5/29

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜(FM那覇)毎週水曜日22:00〜オンエア 今週は最終回となります...って、知らなかったぞーという方も多いかもですね。SNSの方には「今月で終了します」と書かせていただいたので、くどくならぬよう当Bagus Music Websiteには書かなかったのです。そのせいで初めて知ったという方もいらっしゃいますよね...スイマセン。そうなんです、今月でROCK THE WEDNESDAYは一旦終了となります。ということで今週は、ラストに相応しい内容でお届けします!! 最近このデザインが気に入ってます↑(笑)。 さぁ、ということで今週はFinalです。昨年2023年6月からスタートしましたので、ピッタリ1年で終わらせていただくことになります。 まだまだラジオ人としての活動はしてまいりますので、別の形で皆さんのお耳に掛かることも多いかと思いますし、また近いうちにFM那覇の番組として戻ってくるかもしれません。いずれにしろ、引き続き応援のほど、宜しくお願い申し上げます。 ということで今回が最終回。ラストは1アーティストで特集するのではなく、これまで1年間毎週番組を行なってきましたが、個人的に大好きな楽曲/アーティスト/バンドなのに番組で紹介するチャンスのなかったナンバーを紹介していく回にしたいと思います。 もちろんそういった楽曲はゴマンとある訳で、じゃぁどんな風に選んだのかと言うと「ポンと心に浮かんだ曲」(笑)。考えれば考えるほどドツボにハマってしまいますので、パッと浮かんだ4曲をそのまま選んでまいります!! でもそう言いつつも、なんとなく最終回な雰囲気を醸し出しているので不思議ですよ〜。やっぱ面白いですね、選曲って♫ 番組より先にラインナップをお知らせします。↓↓↓The Wallflowers / One Headlight   (Bringing Down The Horse: 1996)Blackie and The...

5月27日 ON-AIR【Do you know Indonesia?〜ばぐーすなインドネシアミュージックの世界 Vol.8】LOVE FM

毎月第4月曜日は↓↓↓↓”Do you know Indonesia?〜ばぐーすなインドネシアミュージックの世界〜(LOVE FM)”5月のオンエアは[5月27日(月)21:00〜]!! 今回ももちろん聴きどころ満載!秀逸なインドネシアのポピュラー・ミュージックを取り揃えております(今回も喋りが長いのですが・汗)!! 当番組の名物コーナー「突撃テレフォンし隊!!」今回は、今年1月に出演していただいた”加藤ひろあきさん/ヒロ君”の奥様であり、インドネシアのみならず海外でも人気を誇るバンド:MOCCAのシンガー:Arinaをお迎えしていきます! 昨年2023年にはご夫婦で、名誉ある「日本インドネシア国交樹立65周年友好親善大使」に任命されましたし、先月4月にはご夫婦で来日もされていました。 バンド/MOCCAとしても、今のところ最新作「Day By Day」というアルバムは日本国内盤が2021年にリリースされましたし、とても日本に近いインドネシアのアーティストと言えるでしょう。 そんなArinaの明るくてキュートな生の声、そしてインタビューの後はMOCCAの秀逸でキャッチーなナンバーを聴いていただきます!! 他ラインナップはコチラ↓↓↓↓・Arnando Putra & Frank Pattinasarany・OKAAY・NAIF (リクエスト) 今回の放送もめっちゃ楽しく興味深い内容になっています!ぜひぜひ聴いてくださいませ〜♫ それから当番組、月イチ番組ではありますが、皆さまからのメッセージも募集しております!いつどのタイミングで送ってくれても大丈夫です。ご意見・ご感想等お寄せくださいませ。できましたら「Do you know Indonesia?」とか「ばぐーす長谷川」とか、なんなら「インドネシア」だけでもいいのでタイトルを付けてくれると助かります。LOVE FMの番組は全て同じメールアドレスになりますので、どの番組宛てか分かるようお送りください。宜しくお願いいたします。↓↓↓↓761@lovefm.co.jp LOVE FM website 番組情報はコチラ↓↓↓↓LOVE...

Must read

Soul And Kith:バンドとしてリニューアルしてのNew EPリリース【A Journey Unseen】

今回は私イチオシのアーティスト、バリ島のSoul And Kithの新作を紹介していきます。 これまで幾度となく登場している(私の推しなので・笑)Aik Krisnayanti率いるSoul And Kithの新作が6月3日にリリースされました!! 先ず最初に言います...絶対に聴いてください! 元々デュオからスタートし、Vocal: Aikのスピリチュアルな感性、メロディ、歌唱がSoul And Kithの個性でしたが、現在は4人組=バンドとしてリニューアルしております。 バンド体制になってから、先ずはMusic...

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜第52回「ROCK THE WEDNESDAY最終回:テーマなき名曲たち特集」5/29

ROCK THE WEDNESDAY〜ポピュラー・ミュージック巡礼の旅〜(FM那覇)毎週水曜日22:00〜オンエア 今週は最終回となります...って、知らなかったぞーという方も多いかもですね。SNSの方には「今月で終了します」と書かせていただいたので、くどくならぬよう当Bagus Music Websiteには書かなかったのです。そのせいで初めて知ったという方もいらっしゃいますよね...スイマセン。そうなんです、今月でROCK THE WEDNESDAYは一旦終了となります。ということで今週は、ラストに相応しい内容でお届けします!! 最近このデザインが気に入ってます↑(笑)。 さぁ、ということで今週はFinalです。昨年2023年6月からスタートしましたので、ピッタリ1年で終わらせていただくことになります。 まだまだラジオ人としての活動はしてまいりますので、別の形で皆さんのお耳に掛かることも多いかと思いますし、また近いうちにFM那覇の番組として戻ってくるかもしれません。いずれにしろ、引き続き応援のほど、宜しくお願い申し上げます。 ということで今回が最終回。ラストは1アーティストで特集するのではなく、これまで1年間毎週番組を行なってきましたが、個人的に大好きな楽曲/アーティスト/バンドなのに番組で紹介するチャンスのなかったナンバーを紹介していく回にしたいと思います。 もちろんそういった楽曲はゴマンとある訳で、じゃぁどんな風に選んだのかと言うと「ポンと心に浮かんだ曲」(笑)。考えれば考えるほどドツボにハマってしまいますので、パッと浮かんだ4曲をそのまま選んでまいります!! でもそう言いつつも、なんとなく最終回な雰囲気を醸し出しているので不思議ですよ〜。やっぱ面白いですね、選曲って♫ 番組より先にラインナップをお知らせします。↓↓↓The Wallflowers /...