BMセレクト最近リリースされた洋楽ロック系の新譜(アルバム)って聴いていますか?:第6回/James Dean Bradfield

最近リリースされた洋楽ロック系の新譜(アルバム)って聴いていますか?:第6回/James Dean Bradfield

-

秀作・良作な“近年の洋楽ロック系の新譜”を紹介します。

今回はコチラ↓
James Dean Bradfield-ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド/Even In Exile (2020年リリース)

James Dean Bradfield-ジェームス・ディーン・ブラッドフィールドのソロ2nd作:Even In Exile(2020年リリース)
James Dean Bradfield-ジェームス・ディーン・ブラッドフィールドのソロ2nd作:Even In Exile(2020年)

Manic Street Preachers(通称マニックス)のフロントマン/ギター兼ヴォーカルのJames Dean Bradfieldソロ2nd作。

ジェームスが尊敬するチリのミュージシャン:Victor Jara-ビクトル・ハラの生と死に触発され、その影響を受けて作られた作品です。
※ビクトル・ハラ:社会変革/レヴォルーションを、歌を通じて行ってきた人で、1973年の軍事クーデターによって時の政権が崩壊された後、軍に逮捕され殺されてしまいました。享年40歳。

ということで多少重めの作風ではありますが、マニックスの名作と変わらぬ安心の1枚に仕上がっています。

James Dean Bradfield-ジェームス・ディーン・ブラッドフィールド

お得意のメランコリックな作風に静と動のコントラストやメリハリが冴え渡り、ドラマティックで大人を泣かせるサウンドと、数多くの名曲/名盤を生み出してきたジェームスのメロディ・メーカー振りが発揮された秀一な作品♪

先ずはYouTubeで観て/聴いてみてください↓

James Dean Bradfield / The Boy From The Plantation (Official Video)

これまでの経験や趣味/趣向など様々なものを音に変えて紡いだようなナンバーばかり。感慨深いですわ、ホントに。

まだ聴いたことがないという方(またはアルバム未聴の方)、デジタル・プラットフォームでアルバムごと聴けますので、是非聴いてみてください♫

マニックスがデビューした1992年から約30年(来年で30周年!)。
まさかここまで多才なアーティストとして生き残ることができるなんて、想像できなかったなぁ。

ちなみに当のマニックス、14枚目のスタジオ・アルバム:The Ultra Vivid Lamentが9月3日にリリースされる予定です。

Manic Street Preachers-マニック・ストリート・プリーチャーズ(通称:マニックス)


既にリードトラックのLyric Videoが公開されていますので、是非ご覧ください。
YouTubeはコチラ↓

Manic Street Preachers / Orwellian (Official Music Video)

リリースが待ち遠しい❤️

“良き音楽は良き人生へと誘う”

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest news

おすすめ記事RELATED
Recommended to you

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。